ブログ一覧

46のうつる病気を学べる「感染症カルタ」のご紹介です。

白鷗大学教育学部の岡田晴恵教授が企画・編集された『感染症カルタ』が、この度(株)奥野かるた店の印刷・制作により完成しました。

郷土かるたとはジャンルが異なりますが、3年前から始まったこの企画に私(原口)もこれまでのノウハウをお伝えしながら関わらせていただきましたので、このブログにて紹介いたします。

 

46枚の読み札は、表面に小学生向け(低学年・高学年用)の句、裏面に上級者向けの句があり、年齢に合わせた3通りの遊び方ができます。
同じく46枚の絵札原画は、デザインを専門に学んだ岡田先生の娘さんが描きました。

各感染症の歴史や文化を盛り込んだクオリティの高い絵柄で、一度見たら忘れられないインパクトを持っています。
日常生活で身近な感染症。知らずに罹って重症化してしまった!とならないよう、感染症とたたかう術をこのかるたで楽しく遊びながら学んでみてはいかがでしょうか。
岡田先生はこれから子どもたちや養護の先生、医療従事者を目指す学生さん方などを対象に、普及活動を展開していく予定です。
かるたは1セット3240円(税込)で、(株)奥野かるた店で販売しています。

ご購入をお考えの方、ご関心のある方は下記ページをどうぞ!
http://okunokaruta.jugem.jp/?eid=368

2017年12月09日

おとなの「上毛かるた」県大会の様子

リーグ戦

 

ゆるキャラかるた取り

 

大会結果「一般の部」

 

大会結果「競技の部」

 

というような様子で、初めての大人の公式大会は大盛況のうちに終了しました。

次回もぜひ参加したい声をあちこちで聞きましたが、果たして開催されるのでしょうか!?

2017年12月02日

ボランティアしてきます!(11月26日開催おとなの「上毛かるた」県大会)

今週末11月26日(日)に、群馬県生活文化スポーツ部文化振興課主催の【上毛かるた発行70周年記念 大人の「上毛かるた」県大会】がALSOKぐんま武道館で開催されます。

群馬県の開催告知ページ↓↓

http://www.pref.gunma.jp/03/c42g_00027.html

県民待望の初の大人の大会とあって申し込み多数、厳正なる抽選を通過した団体チーム32組が、一般の部と競技の部に分かれて競技を行います。

私(原口)は「KING OF JMK」の実行委員をしている関係で開催ボランティアのお声がかかり、前日準備と当日の大会サポートをしてきます。

開会式12:30~、予選リーグ13:00~、決勝トーナメント15:00~、表彰・閉会式は16:30~の予定です。

表彰・閉会式の前には、「ぐんまちゃん」や「ころとん」など群馬県のご当地キャラによる上毛かるた取りも行われますよ。

当日は武道館2階で上毛かるたに関わる様々なグッズ販売もあります。

お時間ある方、ご関心のある方、ぜひお越しくださいね!

 

 

2017年11月19日

第4回上毛かるた大学生大会終了!

毎年恒例となった群馬大学荒牧祭実行委員会×NPO法人日本郷土かるた協会のイベントです。

4回目の今年は、団体の部6チーム、個人の部2人がエントリーし、全3回の競技を楽しみました。
優勝チーム・個人には「上毛かるた」と上毛かるたクリアファイルを贈呈。ますます腕を磨いて、次は「KING OF JMK」でタイトルを目指してほしいですね!

荒牧祭実行委員会スタッフ、県子育連「上毛かるた」公認審判員の皆さま、ご協力ありがとうございました!

群大生が短時間で描いてくれました!


 

2017年11月12日

「第1回ロンドンかるた大会」開催報告

3月2日から11日まで、フロムジャパン主催「第1回ロンドンかるた大会」開催協力兼取材のためイギリスに出かけてきました。

3月10日に、ロンドン西部イーリング地区にある4つの小学校3・4・5年生の代表56名がウエストアクトン小学校ホールに集まり、これまでにフロムジャパンインターンと現地の子どもたち等で作った「国際理解教育かるた」を使った団体戦と個人戦の2種目を行いました。

学校チャンピオンには特注の扇子型賞状とキャンディレイ、個人チャンピオンにはハッピが授与されました。また、本会から参加小学校4校に『日本地理かるた』を記念品として贈呈しました。

大会の詳細や写真等は今秋発行予定の会誌15号でお伝えしたいと思います。

主催者フロムジャパンの関連ページはこちらです。http://www.fromjapan21.com/170310/

 

 

2017年03月19日

「第5回KING OF JMK」開催報告

本会が協力する”大人達の上毛かるた日本一決定戦”「KING OF JMK」(KING OF JNK実行委員会主催)の第5回大会が、2017年2月25日(土)、東京板橋区立文化会館で開催されました。
お笑いコンビの「ヤブキサドヤ」(サドヤさんが群馬県出身)のテンション上がる司会のもと、24チーム72人が大人の上毛かるた競技の頂点を目指して白熱の闘いを繰り広げました。
今回見事優勝したのは姉妹3人でチームを組んだ群馬県安中市の「5レンジャー」。上毛かるたの自動読み上げアプリで練習をし、特にやく札を意識して臨んだ決勝戦では、前年の準決勝で敗れた館林市「高根かるた塾同窓会」にリベンジ勝利しました。

第2回から3連覇を果たした「チーム阪本」の殿堂入り顕彰(群馬出身タレントJOYからのサプライズメッセージ付き)や、群馬県のマスコットぐんまちゃん、お笑い芸人のマックン、発泡スチロール芸人のハッポゥくん、キリンビール(株)群馬支社長らからの祝辞、上毛かるたTシャツやせんべいの販売など、大変な賑わいと盛り上がりを見せた第5回大会となりました。

参加者・関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

KING OF JMKのフェイスブックページはこちらです。

https://www.facebook.com/kingofjmk/?fref=ts

 

 


2017年02月26日

第3回上毛かるた競技大学生大会開催報告

2016年11月13日(日)10時~12時に、第63回群馬大学荒牧祭企画として「第3回上毛かるた競技大学生大会」を開催しました。主催は群馬大学カル旅研究会・NPO法人日本郷土かるた協会・群馬大学荒牧祭実行委員会でした。また、今年も審判員の派遣で公益社団法人群馬県子ども会育成連合会にご協力いただきました。

今回の大会参加者は、団体の部4チームと、今回初めて設定した個人の部4名でした。学部を超えた学生同士の競技は、無邪気な笑顔と引き締まった表情が交互にまざりあう、熱き戦いとなりました。

各部総当りリーグ戦の結果、団体の部優勝は社情2年チーム、個人の部優勝は医学部保健学科の2年生となりました。

参加者、審判員、スタッフの皆さま、お疲れさまでした!


 

 

 

 

  

2016年11月14日

講座「和歌で巡る京都名所観光」ご案内

京都ノートルダム女子大学人間文化学部人間文化学科の堀勝博教授から、公益社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会主催特別講座の案内が届きました。4回シリーズの講座で、テーマは"未来につなぐ日本の心"。堀教授はその第3回目に「和歌で巡る京都名所観光-「京都百人一首歌かるた」紹介をかねて 」のタイトルでお話されるそうです。

 

【講座概要】

「和歌で巡る京都名所観光-「京都百人一首歌かるた」紹介をかねて 」

開催日時:2016年9月17日(土)14:00~16:00

会場:京都市文化財建造物保存技術研修センター
(京都市東山区清水2丁目205-5)

主催:公益社団法人 全国社寺等屋根工事技術保存会

後援:公益財団法人 大学コンソーシアム京都

参加費:無料

 

「京都百人一首歌かるた」は3年前に堀教授が指導したゼミ生が制作したそうです。

ご都合がよろしければぜひお出かけ下さい。

2016年09月12日

NPO法人郷土のことわざネットワーク・ことネット様より書籍の寄贈がありました。

NPO法人郷土のことわざネットワーク・ことネット様(理事長:穴田義孝明治大学教授) から本協会に書籍の寄贈がありました。


NPO法人郷土のことわざネットワーク・ことネット編著

『ことわざを楽しく学ぼう、社会・文化・人生ーことわざの魅力と威力の再発見ー』

発行:(有)人間の科学新社

発行年:2016年8月発行

です。

 

穴田理事長が会長を務めている「日本ことわざ文化学会」の2013年第4回総会・大会シンポジウム「郷土のことわざ」では、当協会の山口理事長がパネラーとして参加し、「日本の郷土かるたとことわざ」と題したお話をさせていただいたご縁があります(日本ことわざ文化学会編著『郷土とことわざ』、人間の科学新社、2014年に所収)。

 

「ことわざ」も「郷土かるた」も、“地域の宝”を対象としている点では非常に近い間柄ではないでしょうか。ことわざの魅力や可能性について知るうちに、郷土かるたの魅力や可能性もさらに見えてきそうな気がします。地域のかけがえのない文化として、共に次世代に伝えていきたいものです。

 

ことネット様、この度の寄贈、どうもありがとうございます。

2016年09月10日

ブログ始めました

サイトリニューアル後、長らく準備中にしていたブログをいよいよ始めようと思います。

ここでは当協会にお寄せいただいた文献資料や郷土かるた関連情報をメインに、ときどき事務局近況やお知らせを書いていきます。

文責は副理事長兼事務局の原口です。どうぞよろしくお願いします。

 

2016年09月09日